横浜のエアコン買取|東京・横浜・神奈川で不用品・リサイクル品の買取ならエコゼストへお任せ下さい

ecoZEST
  • HOME
  • 会社概要

横浜のエアコン買取

朝から夜まで暑さに苦しんでいる方も多いかと思います。
日本の夏場は湿度が高いため特に仕事や趣味もはかどらなくなり大変です。

まずは日本の歴代最高気温の日についてご紹介いたします。
pict
2007年(平成19年)8月16日、
埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で40.9℃まで気温が上がり、
国内最高気温の観測史上の記録を更新しました。

それまでの記録は1933年(昭和8年)7月25日に山形市で観測された40.8℃で、
74年ぶりの記録更新になりました。


その後も、最高気温は更新を続けます。

2018年(平成30年)7月23日に埼玉県熊谷市で41.1℃を観測し、
2020年(令和2年)8月17日に静岡県浜松市でも同じく41.1℃を観測し、
現在の観測史上で同率1位になっています。

熊谷市で1位を観測した同日の2018年(平成30年)7月23日、
東京都青梅市でも40.8℃という気温を観測しています。
pict
ちなみに、気象庁の予報用語では
・最高気温が30℃以上の日を「真夏日」
・35℃以上の日を「猛暑日」

と定義していますが、日最高気温40℃以上の日や、
夜間の最低気温が30℃以上の夜についての表現は定義されていないようです。


そんな中、
これまで国内で40℃以上を観測した回数は
60回を超えており
年々各地で厳しい暑さが予想されています。


「日本気象協会」では所属する気象予報士に対して
名称に関するアンケートを行い、独自に付けた名称を発表しました。

・40℃以上の日を「酷暑日(こくしょび)」
・最低気温30℃以上の夜を「超熱帯夜(ちょうねったいや)」



出典:日本気象協会
https://www.jwa.or.jp/news/2022/08/17463/

当社ではポンプダウン作業を実施しての取り外し作業を行っておりますので、
高額買取が可能となっております!

《家電リサイクル法とは》

家電リサイクル法とは、環境汚染などを防ぐことを目的に2001年に施工された【法律】です。
部品や材料をリサイクルして廃棄物を少なくするのとともに資源の有効利用を促進するためのです。
他の粗大ごみと同じようには処分をすることができないため処分のみをお願いする場合にはお住まいの市区町村で、あらかじめリサイクル券を購入して各市区町村の指定する場所に持ち込む必要があります。

《空調設備を売るなら今!》

家電量販店のエアコン売り場がにぎわっているようですが、暑さ以外にも理由があるようです。
それは「半導体の不足」
コロナの影響もあり半導体や部品が足りないことによって商品が品薄状態になってしまう不安から、早めに購入しようと考える人が多いからです。
大手家電メーカーからも「真夏の修理待ちで詰みます。買い替えでも在庫なしで詰みます。買えても設置待ちで詰みます。」などと、呼びかけをしているくらいです。
ですが、それは逆に中古相場が値上がっていて「高く売れる」ということ。中古エアコンの需要もかなり高まっているため売るならまさに今、高価買取を狙うチャンスです!

対応エリア

出張買取・査定のご依頼を頂くことによっての出張料や見積り料金は一切不要ですので、お気軽にお問合わせ下さい。リサイクル品・不用品の買取も承っております。

対応エリア

上記以外の地域は別途ご相談承ります。詳しくはお問い合わせ下さい。
  • 不用品・リサイクル品の買取ならエコゼストにお任せ下さい!

PageTop

今すぐご相談ください!お見積もり(査定)は
完全無料!
東京・神奈川エリアは
出張費無料!
  • 通話無料0120-410-159
  • 受付 9:00〜18:00
    ※休業日はカレンダーをご確認ください
WEBで無料お見積もり
  • クレジットカード
  • 各種カード利用可能です。
  • 直接メールはこちら