横浜で不用品・リサイクル品の買取ならエコゼストへお任せ下さい

  • HOME
  • 会社概要
エコゼスト
info@wisest.jp
  • faq
Q

リサイクルショップの買取価格の決め方とは

質問 リサイクルショップを利用したことはほとんどないのですが、以前20万円以上したブランドバックを地元である横浜市内で今でも営業している大手リサイクルショップに持ち込んだときには、1万円ほどの値段しか付けてもらえませんでした。
確かにバブル時代に購入したものだったので相当の年代物で、使用感も高かったのが査定額に影響したみたいですが、あまりの買取額の低さに愕然としました。それでも、ブランド品は1万円以上の値が付いたのでまだ良いのですが、ノンブランドの洋服などには一着数十円、よくて100円の値しか付きませんでした。
そのリサイクルショップでは店内で買取したものかどうかは分かりませんが、中古のブランド品や家電や家具や洋服などいろいろなジャンルの商品を販売していて、販売価格を見るとそれなりの良い値段が付いています。
たとえば、私が前に買取してもらったような20万円のバックには、10万円以上の値段が付いていたりします。もちろん状態や使用した年数などによっても異なると思いますが、きっと1万円で買取したものには5万円などの値段は付いていることが予想できます。
お店によっても違うと思いますが、リサイクルショップでは買取価格をどのようにして決めているのでしょうか?気になるのでぜひカラクリを教えてください。
A

ブランド品の買取価格は新品市価の7分の1程度です

ブランド品の買取では、商品の状態によっても異なりますが、リサイクルショップでの買取額の相場は新品市価の7分の1程度とされています。つまり、7万円で販売されているブランドバックを買取に出せば、1万円くらいの値が付くということです。
それを売るときには、ネットオークションでの落札価格などを参考にして決めるリサイクルショップが多いようです、利益率で言えば、買取した額に対して7割か8割程度になるように設定するのが相場です。
リサイクルショップでは買取した商品が在庫になることはリスクなので、人気商品で需要が高いすぐに転売できる物であれば、高額買取してもらえる可能性が高いです。
また、衣類や家電などの季節商品に関しては、季節によって買取額に差を付けるのが一般的です。
衣類であればブランド品でなければ、シーズンによって数百円程度の差がでるのは当たり前で、元値が高い家電などだと、数千円もの差が出るので、やはり時季外れにリサイクルショップに持ち込むことは避けた方がよいです。

PageTop

info@wisest.jp
お問合せフォーム